いわゆる(有機栽培米)の稲刈り

いわゆる(有機栽培米)の稲刈り

朝一で、川内健康センターへ市の健康診査に。完全予約制で、てきぱきと流れ作業のように。スタッフも多く、スタッフの対応も完璧。かなり満足しました。

老医師と、体重増加とその原因について、「百姓のし過ぎで腰痛めまして、食っちゃ寝していたらこうなりました。」

「そりゃいかんなあ。気を付けんと。」ここでも何だか激励されて。

帰るや、空を見て、特別栽培米「農薬、化学肥料不使用」、いわゆる有機栽培米の稲刈りです。有機栽培を名乗るには、やたら年数やお金もかかることで、ややこしいことです。

それにしても、除草剤を使わない米作りは大変でしたが、たわわに稔ってくれた稲穂を見ているといとおしささを感じます。

稲刈りは雨も振り出し、一乾燥分確保したのでここで一休み。なかなか思うようにはいきません。

その間、友人が来てくれて、種もみ用の稲穂採取を。手間のかかる仕事をしてくれました。これもまだ時間がかかりそうです。

安心米の稔り
止め葉を落とした稲穂を陰干し
いつ雨が降るか
稲穂を選別して採取